2006年11月

ボジョーレヌーボー

16日木曜日は医師会の理事会の後
ボジョーレヌーボーワイン会の懇親パーティーに参加した。
解禁日のワインは先入観がはいっているせいかうまい。
しかし、後半になるとなぜか味がわからなくなってくる。
最初に飲んだお酒はとてつもなくうまいが、
後半は酔いが回ってくるせいか舌の感覚が麻痺してくる?
今日はやや冷たい雨。そろそろ暖房が欲しくなってきた。グラス

メタボリックシンドローム

最近気になってきたのが、総コレステロール値である。
今まで230あたりでうろうろしていたのが
先月の検診で264という驚異的な値になった。
当然、要医療で降コレステロール薬を内服しないといけない状況だ。
食事の時間や内容を振り返ってみると、夕食の時間が23時頃とあまりにも遅い。
この半年間、医師会の理事に就任したので懇親会の機会が多くなった。
この2点が問題点だ。
久しぶりというか2日連続で飲酒をしなかった。
昨日は夕食も絶食してみた。
忘年会の季節になるが食事コントロールをして、
来月もう一度コレステロールを測定してみよう。乾杯

WHO事務局長選挙

大学時代の同窓生の尾身さんが立候補していた選挙が終わった。
健闘も及ばず中国の候補者が当選した。
個人の資質というよりも国と国の戦いの場に置かれた立場で
当選できなかったのは悔しいが、ここまで来れたことにむしろ誇りを持ってもらいたい。
依然として彼は同窓会の星であり続けるであろうし、
また次世代の人が彼の足跡をたどっていくことだろう。拍手

腎移植手術の怪

昨日は仕事だったが、今日もうららかなおだやかなお天気で
サイクリングしたりスポーツジムに行ったりして
ゆったりとした一日を過ごした。
暑い日中も終わって、ふとうたたねから目が覚めると夜の闇が深くなっていた。
ひんやりとした外気が秋の深まりを感じさせる。
散髪世間を騒がせている腎移植手術の問題は
調べれば調べるほど驚く事実が明らかになっている。
海賊外科医という言葉がある。
手術症例を重ねることに生き甲斐を感じ、やがて感覚が麻痺してくる。
エクセントリックに手術をしないと一日が終わらない。
食事よりも手術という症候群に陥ってしまう。
自分の技術に酔いしれ、インフォームドコンセントにも気が回らなくなり
やがて適応外の症例も手術するようになってしまう。
遠い昔、私にもそのような時期があった。
謙虚にもう一度医療とは何かを見直してほしい。注射

11月

大相撲の始まる11月は早くも年末の足音が聞こえてくる。
今年は1年が経つのが速かったがこの傾向は年々続くような気がする。
なにげなく振り返ってみると、もうこんなに時間が経ってしまったのかと感じられる。
気温は年々高くなってきているが、忘年会の声を聞くとまだ半袖なのに?
といった違和感も感じる。
そういえばまだクリニックの室内では半袖、屋外でも今週からようやく長袖にしたばかりだ。
地球温暖化は続いていくのだろうか。炎
プロフィール

KEY

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ