2008年07月

暑い今年の夏

今日も朝から快晴の夏空が広がっている。
庭の蝉の鳴き声が一段と強くなっている。
しかし、まだ寝るときは窓は全開にしているがクーラーは入れていない。
今年の夏は、クーラーはどうだろう。
原油価格の高騰による節約、省エネはみんなの意識の問題である。
クーラーの室温を1℃上げる。
つけなくてもいい電気はこまめに消す。
なるだけペーパーを使わない。など上げればきりがない。
地球温暖化に対抗する絶好の機会ととらえよう。
しかし、お金を出せば水や電気が出てくる日本は恵まれすぎている。
水や電力不足で常時使えない新興国の現状を思った。

水の記憶

猛暑が続いているが、水難事故も多い。
昨日は神戸の河川の増水で小学生が流されている。
水の記憶と言えば、プールでも海でも泳ぐと
昔の記憶が嗅覚に戻ってくる。
嗅覚とか海馬とか記憶をつかさどるところは不思議なところで
あ、この感覚!というのが広がってくる。
デジャビューというのは既視感だが
この感覚は既体験感とでも言ったらいいのだろうか。
このところ、プールも海も泳ぐのをご無沙汰しているので
今度の日曜日は久しぶりに海かプールにでも行ってみようかと思っている。泳ぐ

死体検案その5

午前3時を回った頃、携帯電話の音で目が覚めた。
寝苦しい真夏の夜、1時過ぎに就寝しうとうとしていた。
中央警察署から検屍の連絡をうけ、現場に着いたのは午前4時前だった。
まだ33歳という若さでの縊死。
お酒という魔物との闘いに敗れた生活状況が垣間見える。
家に帰ってきてからも、眠れずにとうとう夜が明けてしまった。
まだまだ暑い毎日は続く。ドクロ

諫早川祭り

この日になるとあの51年前の水害を想い出す。
あの水害から諫早は生まれ変わったといっても過言ではない。
その日、まだ私が幼少であった頃(当時4歳)
諫早の町は泥水につかっていた。
あの頃、本明川にかかっていた眼鏡橋も諌早公園に移され静かなたたずまいを見せている。
実家のある上野町は、区画整理事業が進み
このところ、街が一変した。
道路が広くなり、昔の面影は少しずつ姿を変えている。
実家が新築されてからもうすぐ1年。
また新しい諌早の街が始まる。流れ星025_01.jpg

夏休み

夏といえば夏休み。
学校では7月19日から夏休みが始まったが、
今年は梅雨明けが早く、剪定を終えた庭の蝉の鳴き声も朝からうるさく始まるようになった。
こどもの頃から7月はあと一ヶ月以上の夏休みがあり
うきうきした気分なのだが、8月になるともう秋の準備が始まり
しだいに夏休みの終わりが近づき憂鬱になってくる。
また、今年も暑い暑い夏休みが始まった。クジラ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ