交通事故

飲酒運転取り締まり

免許をとってからこの40年間
飲酒運転取り締まりの検問に引っかかったことはなかったのですが
2012年6月25日、初めて飲酒運転取り締まりの検問で検査を受けました。
もちろん、飲酒運転はしていませんが
心理的にはびっくり仰天の体験でした。
最近は、アルコール検知器というのがあって すぐわかるようです。
福岡県は飲酒運転の多発県ということもあり
気を引き締めていかないといけません。
このところ体調が悪くてお酒はずっと飲んでいません。 
梅雨という季節もあるのでしょうが。

自転車

自転車による交通事故が増えているという。
昨年は10年前に比較して5倍の事故数。
昨年は、年間7名が死亡している。
昨年の死亡事故のひとつも信号が黄色から赤に変わる直前に
無理してスピードを出してつっきろうとしたところ
歩行者が渡ってきてよけられなかったというものらしい。
自転車に限らず、日常でも黄色から赤に信号が変わるときの車の事故は多い。
余裕を持って両側が赤になる時間が少しとってあるが
それでも赤信号でつっこむ車がいる。
また赤信号でもおかまいなく自転車は通行している。
通行マナーの改善と罰金制度を自転車にも設けるべきだ。自転車

信号

信号機は日本の道路にはなくてはならない存在になっている。
とくに交通量の多い都心では生活の一部になっている。
この信号は連動していて、信号が青だとその先の信号も青になるようになっている。
赤で止まると次も赤になってしまう。
この連動が覆されるのは、渋滞の時だ。
最近は、この信号の青と赤になる時間が体感でわかるようになっている。
今はここの信号は青だからこちらを行こうとか、あと何秒で赤になるとか。
昨日は博多駅まで車で出かけたが途中の信号はほとんど青で通過した。
おそらく40個くらいの信号があったと思う。
だがこの技は渋滞がないということが条件だ。車

自転車

自転車は環境に優しい乗り物である。
排気ガスで空気を汚すこともなく、健康や体力維持にも貢献している。
この新緑の季節には乗っていても気持ちがよい。
私も毎日の通勤、スポーツジムや天神に行くときもほとんど自転車を愛用している。
ところが、この自転車のマナーや交通規則がまったく守られていない。
自転車は左側通行、自転車は車道を走る。という原則はまったく無視である。
車道を走っているとなんで歩道を走らないの?という車のクラクション。
9割以上は自転車は歩道を走っているので、車道を走ることは罪悪?とみられがちである。
ひとつには自転車専用の道路が日本はほとんどない。というのが原因なのだが。
自転車専用道路の増設を望みたい。自転車

事故多発

交通事故が多発している。脇見運転の車が園児の列につっこんだ埼玉の事件は悲惨だ。
園児2人が死亡。3人が重体という。
しかし、この事件はドライバーに重過失があるとはいえ、
引率していた保育園の先生にも注意義務違反があると言われても仕方がないと思われた。
園児の列は左側通行をしており、後ろから来た車にはどうしても対応できない。
歩行者は右側通行の原則を守っていれば、もう少しなんとかなったのではないだろうか?
事故は右側通行でも起こりうるが、被害はもっと少なくできたのでは?
と思う一日であった。小鳩保育園の園長の責任問題も問われるかもしれない。車
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ